ryokitamurakurara のすべての投稿

2015/08/22 奥三河 夏焼城ヶ山

20150822_奥三河夏焼城ヶ山01

記録: M.Y

行程

本郷7:00~けやきの森登山口8:40~大栗山9:25~月ヶ平10:00~サンガ坂峠10:40~ぶなの木峠11:20~夏焼城ヶ山11:35~馬野ルート登山口12:45

20150822_奥三河夏焼城ヶ山02

状況

前の日の雨は上がり、日差しも強くなく絶好の登山日和でした。
3台の車で本郷を出発。下山する「馬野ルート登山口」に1台の車を置き、2台の車で「けやきの森登山口」へ。(経験豊かな先輩方の提案です。)
大栗山に向け出発、30分位でけやきの森到着、けやきの森にはいっぱいのオオキツネノカミソリが群生していました。大栗山から峠を3つ尾根伝いに歩き夏焼城ヶ山へ到着。山頂でお昼を頂きました。
「馬野ルート登山口」に到着すると、朝置いた車1台に「けやきの森登山口」に置いた車のドライバー2人も乗って車を取り行ってくださいました。細やかな計画に感謝でした。
帰りには道端の産直の野菜売り場でトマトやナスなどをいっぱい購入、岡田屋さんで温泉に入り汗を流し帰路に着きました。

感想

大栗山のオオキツネノカミソリを見ようという企画に昨年(9月7日)も参加しました。その時は盛期は過ぎていましたが、今回は満開で写真もいっぱい撮りました。大栗山915m・夏焼城ヶ山889mと低山ですが、木々の間を通り抜ける風はとても気持ち良く、大栗山から夏焼城ヶ山への尾根伝いの道は落ち葉で土がフカフカ、足に優しくとても歩き易かったです。
山行の1週間前にリーダ夫妻が下見をされた時には普通の山道だったそうですが、山行当日の馬野ルート登山口への山道は道が掘れ大木の松が倒れて道をふさいでいて自然の驚異を感じました。
今回の山行はNさんのリーダデビュー。「経験豊かな先輩が大勢参加してくださり、的確アドバイスを頂き心強かったです。」byN

2015/08/08-09 北穂高岳東稜【20周年夏山合宿】

記録: A.M.

 

注意書き

本ルートはバリエーションルートです。
経験豊富なパーティで万全の準備が必要です。

以下報告です。


8/8(土)

行程

本郷6:00~8:50平湯8:55~9:20上高地9:25~12:25横尾12:50~16:00涸沢

コメント

熱帯夜の続く名古屋だが、立秋を迎え、空には秋の雰囲気が漂っている。

上高地も快晴だ。夕立が来ないうちに小屋に着こうと、先を急いだが、雲がわく気配はなかった。テラスで眺めを楽しみながら、おいしい夕食をいただいて、明日に備え、早めに床に就いた。

8/9(日)

行程

涸沢小屋3:50~東稜への分岐5:00~東稜5:50~8:00北穂高小屋8:50~11:00涸沢小屋11:30~横尾14:00~上高地17:00

コメント

2日目、手早く準備をして、オリオン座を見ながら出発する。一般ルートの南稜から、東稜へと進路をかえるころ、ちょうど朝日が昇り、山の壁が赤く染まる。

雪が消えた北穂高沢を渡ってゆくが、ガラガラの細かい岩塊で埋め尽くされ、全てが浮石だ。一歩一歩慎重に登る。ゴジラのしっぽ部分によじ登ると、第一関門突破!気をひきしめてゴジラの背に向かう。極めて狭い岩尾根だが、足場はしっかりとあり、岩もざらざらしていて、滑る心配はない。
当然だが、ここには赤丸も、矢印もない。自分でルートを見つけて進む。私は、前をゆくリーダーの後姿に見惚れてルートを見落とし、右か左かと迷うことがしばしば…。

唯一危険なところはロープを出し、チェストハーネスで進む。前後を固めてくれたリーダーたちに感謝。

核心部の最後は懸垂下降。ここで遊ぶために持ってきたのだから、と二人は挑戦するものの、あまり快適ではなかった様子だ。3人は巻道へ。お楽しみはここまでで、あとは登るだけ。直登コースを選び、北穂高小屋のテラスへ一直線。遭対協の方に「本日の東稜一番乗り」と教えてもらう。気分がいいものだ。

北穂高岳東稜2

振り返ると、ゴジラ頭のナイフリッジに、登山者が蟻のように群がっている。テラスからの眺めも最高で、去り難く、つい長居をしてしまった。

さて、名残惜しいが、おりなくては。下山路の南稜は、岩が丸く滑りやすいし、ざらっとしていて嫌らしい。涸沢で荷物を整えて、ひたすら下り、横尾からは、ただもうひたすらに足を前へ出すのみである。

2015/07/11 藤原岳 ハルザキヤマガラシ駆除活動報告

山の会「くらら」は普段お世話になっている山への恩返しも兼ねて、
自然保護活動を行っています。

くららは名古屋の山岳会ですが、今回は三重県の鈴鹿山脈藤原岳の外来種、
ハルザキヤマガラシの駆除活動を行いました。
その報告となります。

2015/05/24 藤原岳ハルザキヤマガラシの駆除*PDF

2015/06/14 藤原岳ハルザキヤマガラシの駆除 経過報告*PDF

【2015/10/09-12予定】韓国最高峰、済州島の漢拏山(20周年記念海外山行)

山の会「くらら」が今年創立20周年を迎えたのを記念して、10月に海外山行(トレッキング)を企画します。

目指す頂きは韓国最高峰、済州島の漢拏山【ハルラ山】(1,950m)。高低差1,400m、全行程7時間の山行となります。

スケジュールは10月の3連休を利用した、10/9発の4日間。2日目若しくは3日目に漢拏山に登り、空いた日に済州島の世界遺産を巡ります。

日程表

日程表

注意事項

  • 山の会「くらら」の会員のみ参加可能です。
  • 山に登らない方の為に展望台&温泉ツアーも用意してあります。
  • 申し込みはナリタまで。

2015/05/10 定光寺ロックガーデンでのクライミング

クライミングチーム主催で、定光寺ロックガーデンにてクライミングをしてきました。

定光寺駅周辺の駐車場としては、県道15号沿いに20台ぐらい停められる駐車場があります。
人気のスポットですので、早めに行くと良いでしょう。

天気も良く、木漏れ日と爽やかな風が吹き抜ける中、午前は裏側で肩慣らし。
午後は表側で練習しました。

裏側は一部を除き楽しめましたが、表側は難しい!
基本的にトップロープでしたが、それでも難しい!!

私は小ハングの核心部で腕の力が切れて断念、当然大ハングも断念。
クライミングの難しさを痛感しました。

大ハングの核心部分で苦しんでいる様。
大ハングの核心部分で苦しんでいる様。

そんな中クライミングの先輩達は私が苦労したところをクリア。
さすが先輩です。

心技体を鍛えて、次回こそは小ハングは登ってみせる!と誓いを旨に帰宅しました。


クライミングを始めてみたい!という方はぜひ下記からお問い合わせください!

お問い合わせ

2015/05/09 2015年度新入会員教育 ( 前期 )

くららの教育部主催で、新入会員教育として、講習が行われました。

講習の目的

安全で楽しい登山を行う上で、会員の意識・知識のバラツキを少なくし、そして技術の向上が必要とのことで実施しています。

テーマ

パーティー論、計画書の読み方、個人装備と共同装備、山登りのマナーと危険、山での生活技術と行動技術

受講感想

パーティ論は、山岳会のような組織でなければなかなか学べないものではないでしょうか。
全員を安全に下山させることがリーダーの役目。
それを実現するためにはメンバーにも相応の役割が求められます。

意思決定の役割を明確にすることで、トラブルにも対応できるようになりますね。

次回は机上での地図読み、実技として地図読み実践も開催されます。
奮ってご参加ください!

2015/03/14 御池岳木和田尾

※木和田尾ルートはバリエーションルートであり、危険な個所も多いのでご自身の責任で本記事をお読みください。


木和田尾ルートで鈴鹿山脈最高峰御池岳を目指しました。

藤原簡易PはR306号線沿いにあり、設備も整った綺麗な所でした(トイレあり、足洗い場なし)。国道を関ヶ原方面に10分程歩くと自販機があり、ここを左に曲がり10分程林道を行くと白瀬峠登山口につきました。

小さな沢に沿った杉林の登山道で、雪は有りませんでした。

登山道はぬかるみ滑りやすく、危険な場所が所々ありました。子向井山(647m)との分岐に出ると雪が出てきました。やがて送電線鉄塔に着きました。雪がチラつき、ガスの中で展望は有りませんでした。樹林帯の中の急登、急な下りを過ぎると、平坦地に出て白瀬峠に着きました。

ルートはトレースが付いていました。樹には赤印のマーキングが付いていましたが、見落とさないようにしなくてはいけません。白瀬峠から上1000m付近はだだっ広く迷い込み注意でした。積雪量も多くなり1m程ありましたが、雪はシッカリとしまっており踏み抜くことは有りませんでした。

雪も止み、樹林帯の間から御池岳が薄らと見えました。ここから真っ直ぐ谷に降りるとカタクリ峠でした。スタートから4時間かかりました。御池岳山頂は諦め、カタクリ峠から撤退することになりました。御池岳は人気の山のはずですが、登山者は多くは有りませんでした。


御池岳白瀬峠

原稿:Y.K
代理投稿:R.K

2015/02/14 鎌ヶ岳

昨年の激しいラッセルよ再び、ということで今年も鎌ヶ岳へ。
(マイナールートかつ谷筋なので、安易に真似する方が出ないよう、ルート詳細は伏せます)

湯の山温泉あたりで積雪による車のスリップなどありつつ装備を整えて出発。

川を何度も渡渉。雪の乗った石の上を歩くのはなかなか怖い。

ところどころ見事な雪庇が発達していました。

よく発達した雪庇
よく発達した雪庇

ラッセルラッセルで、出発から5時間で山頂到着。

鎌ヶ岳山頂
鎌ヶ岳山頂

山頂付近は低温強風と雪庇が楽しめて、鈴鹿の冬山を満喫できました!

2015/02/08 御在所岳藤内沢

前の週に滑落事故のあった、御在所岳藤内沢へ。

藤内小屋に着く頃には雪になりました。

藤内小屋のおやじさんに事故の情報などお聞きしつつ、藤内沢へ。

山側にはピッケルはうまく刺さらず、基本的にはフットワークを頼りに進みます。
確かにここで滑落すると止まらずに下まで行きそうです。

御在所岳藤内沢
御在所岳藤内沢

冬場の核心である段差は、雪がしっかりと積もっており、なんなくクリア。
御在所藤内沢

そこからはラッセルラッセル。

第3ルンゼではトップロープでちょっとしたアイスクライミングをやろうとするも、支点を作るには相当危険な個所をトラバースすることになるので断念。
後続パーティのアイスクライミングを眺めながらお昼ご飯。

雪を被ったモアイ岩(勝手に命名)は凛々しかったです。
雪のモアイ岩

帰りは裏道を通りました。前尾根に張り付く青氷が見事でした。

2014/11/22-23 燕岳(長野県北部地震)

2:00本郷IC、梓川SAで休憩と時間調整をして6:30ころ安曇野のシャクナゲ温泉に着く。そこからタクシーで中房温泉まで40分、7:45登山口スタート。予報通り天気は快晴、予報では合戦小屋から上の合戦尾根と山頂尾根は10m/s以上の風があるとのことでしたが、実際は運よく風はそよ風。積雪は上の方で30cmくらい、吹き溜まりで50cmくらい。私は冬山は慣れていないし、何かあるか解らないので、登山靴から頭の先まで十分な準備をして行ったのですが、寒さに関しては何の問題も無かった。事前の打合せのお蔭だ。

合戦尾根を山荘・山頂に向かって登って行くと、大天井岳(おてんしょうだけ)につながる尾根の向うに槍ヶ岳が見える。雪を被った北アルプスの3000m級の山々が連なり雄大な景色だ。大正10年(1921)開業の燕山荘に到着13:50。

燕岳大天井へ
計画ではこの日はここまでで、燕岳は次の日の予定だったが、時間の余裕が出来たので、山頂まで往復した。イルカ岩やメガネ岩などを見ながら、2763mの山頂からは360度のパノラマが素晴らしい。15:30燕山荘に戻った。日の入は16:35。夕食まで飲む。

夜眠っているとグラグラッと来た(長野県神城断層地震)。時計の針は22:08。揺れている時間は短かったし、そんなに大きな揺れでもない(震度3くらいの感じ)。余震もないし、そのまま眠った。次の日震度6弱の大きな地震と知る。幸い死者は無かったが、けが人は44名(11/26現在)。前回の御岳山噴火に続き今回は大きな地震、まったく何が起こるか解らない。

中房温泉から安曇野に下る山道が谷川沿いの細い道なので、少し心配して早めの6:50出発、11:00前に中房温泉登山口に着いた。安曇野まで無事に行くことが出来、温泉に入り、「石松庵」でおいしい蕎麦を食べて帰路に着いた。またひとつ、新しい登山経験をすることが出来ました。リーダーや皆さんありがとう。

報告: T.K

2014/08/02-04:剱岳(源次郎尾根経由)

※源次郎尾根はバリエーションルートです。経験豊富なパーティで万全の準備のうえ挑んでください。

記録:R.K

剱岳源次郎尾根 Ⅰ峰上部からⅡ峰を望む
剱岳源次郎尾根 Ⅰ峰上部からⅡ峰を望む
剱岳源次郎尾根 Ⅱ峰 根懸垂下降地点上部から剱岳山頂を望む
剱岳源次郎尾根 Ⅱ峰 根懸垂下降地点上部から剱岳山頂を望む

前のグループの懸垂下降を1時間ほど待った。

剱岳源次郎尾根のⅡ峰の根懸垂下降
剱岳源次郎尾根のⅡ峰の根懸垂下降

ふりかえり・感想

良かった点

  • 天気が快晴にならず、丁度良かった(日が照れば体力を消耗しただろう)
  • 楽しかった。絶景が最高だった
  • TVで見て、行けないと思っていた場所に自分の足で行けて良かった
  • 合宿の練習山行でクライミングや懸垂下降の練習をしたおかげでうまくやれた

反省点

  • 待ち時間が多かったので早出すべきだった。(同日登った別のパーティは朝4時に出て14時にキャンプ場に戻れたとのこと)
  • Ⅱ峰の懸垂下降で雨が激しくなったらどうエスケープすべきだったか
  • 源次郎尾根の情報を調べても懸垂下降の話は出るが、取り付き最初の岩場や、途中の難所の話はなかった。あのあたりは他のパーティ含めて手こずった。源次郎尾根の取り付きからハーネスを着けるなどして準備すべきだった。スリングを繋いでお助け紐にしたり確保に使っていたが、細引きやザイルを出した方が効率的に通過出来たかもしれない
  • Ⅱ峰の懸垂下降から先は踏み跡が不明瞭であり迷いそうだった
  • 使用二回目のザイルだったのでキンクしやすかった。(もう少し練習山行などで慣らしておくべきだった)
  • ガレ場通過の練習や、登山靴での岩場の訓練をもう少しやった方がよかった
  • 食担の負荷(食材の重さ、調理の手間)が大きいので今後分担しよう

2014/5/3~5/4西穂高沢経由西穂高

日程

Day1

名古屋7:00頃-12:30上高地13:00-15:50岳沢小屋

Day2

岳沢小屋4:00発-4:50西穂高沢末端5:00-9:05西穂高岳山頂9:15-11:30西穂高沢末端-11:30岳沢小屋12:30-14:30上高地/平湯16:35-23:00名古屋

状況

Day 1

白鳥付近で渋滞につかまる。
平湯からはジャンボタクシーで移動。バスよりも楽で融通が利く。
上高地から岳沢方面登山口から樹林帯を抜けて雪渓へ。雪渓へ出る前後で、何度か地震が発生。その度遠くの方で雪崩・落石の音がする。登山道付近でも小規模ながら落石が発生。
雪渓はツボ足で一歩ずつ着実に歩く。
5日の天気は崩れる見込みということで、4日のうちに登頂して下山する計画に変更。20時就寝。

Day 2

2時起床、不要な荷物をテントに置き、4時にアイゼンをつけて出発。途中で草付きをトラバース。非常に歩きづらい。山側にピッケルを突く、2点支持、などのアドバイスが飛ぶ。
小屋から200mほど下って西穂高沢末端に到着。ここから800mほど急な雪渓を登る。滑落したらすぐに滑落停止するように、との指示。
長い登りに飽きるころ、振り返れば明神・前穂・霞沢岳、乗鞍・御嶽、富士山まで見え、疲れが癒える。
日が昇るにつれて気温は上がり、締まっていた雪が腐りはじめ、不安定な足場では滑るようになってきた。先頭のメンバーは後続のメンバーのために意識して蹴り込み足場を作りながら進む。
8:30頃に稜線に到着。
西穂高を望む

遠くに白山、近くに存在感のある笠ヶ岳。飛騨側から冷たく強い風が吹いてきた。/ここから山頂までは岩と氷と雪が混じった個所がいくつも出てくる。一歩一歩注意しながら進む。雪面ではステップがしっかりと切ってあり、安心して登れたが、ステップがなければもっと時間がかかっただろう。

西穂高岳山頂
30分ほどで山頂に到着。快晴・雲海なしのくっきりとした360度のパノラマが広がる。奥穂の向こうには槍ヶ岳の穂先が。もっと向こうは剱岳?

眺めを堪能した後は慎重に下る。稜線上は滑落したら滑落停止できないぐらいの傾斜。
西穂高沢では一部のメンバーはシリセードで下る。霞沢岳と明神を見ながらのシリセードは最高に贅沢でスリリングな娯楽だ。
下りきった後は最後に岳沢小屋まで200mを登る。これがきつく、1時間ほどかかった。
テント場で昼食、14:30に出発。

下りの雪渓は雪が腐っておりアイゼンなしのメンバーはよくスリップしていた。
下山後は平湯の穂高荘倶楽部の温泉へ。

報告者の感想

西穂高は初めて、かつ、西穂高沢というバリエーションルートにワクワクしながら参加しました。4日は快晴で西穂高山頂の眺めは最高の登山体験でした。穂高連峰の魅力をまた発見できました。リーダー、皆さんありがとうございました!

メンバーのふりかえり・感想

「3年越しでこのルートで登頂できた。もう次はやらないので、やりたい人がいれば今回登ったメンバーで企画してほしい」
「振り返ると技術度5、体力度5の行程だったと思う」
「稜線より上の危険な個所で風に吹かれた。山側への風だったので大丈夫だったが、谷側へ吹いたらと思うと怖い」
「天気が良くて最高だった」